【おたよりコラム】少年と文字

夏にむけて使いたいものを取りに、実家に帰った。探し物をしていると余計なものが目に留まるもの。子どものときの私の記録がいろいろと出てきた。あつめた石、作ったもの、様々な写真、メダルやトロフィー、ひとつひとつ「こんなこともあったなぁ」と懐かしい思い出に浸っていた。そうこうしているとうすい青色の紙ファイルがでてきた。少年によって書かれた作文がたくさん綴じられたファイルだった。小学生だった少年に興味があった私は、最初にでてきた中学生の少年の作文を、すっと脇に寄せ、小学生の少年の作文をみつけた。みつけた私はものすごくショックを受けた。字が汚かった。いや、特別綺麗に書いているなんて期待もしていなかった。それなのに、大きく、予想を下回ってしまったのだ。しかも最初にみつけた作文こそ6年生のときの作文、もう他の作文にも期待できなくなってしまった。残念な気持ちのまま読んでいく、「あ、こんなこと書いたなぁ」意外にも覚えているものだった。そのとき少年がどんな風に考えていたのかなと思いを馳せてみるものの、枠からはみ出た文字、消しゴムで消さずにぐちゃぐちゃっと上に重ねて書き直した文字、様々なものに私の意識はもっていかれ、考えることができなかった。唯一わかったのは、毎度、最初は綺麗な字で書こうと思っているようだ、ということぐらいだった。3行書く間に、その集中力やらやる気やらはどこかにいってしまうようだったが。 作文だけではなく、5年生の時の一言日記や2年生の時の宿題ノートも見つかった。2年生にもなるとどのページを見ても、『。』は書き忘れているし、『よかった』は『よかた』だし、『しゃがんだ』は『ちゃがんだ』、

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

キッズクラブ asone(アズワン) 

〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-19-15  TEL:080-3551-8497

Copyright © 2015 by asone. All Right Reserved.