【おたよりコラム】あたまの中で

小学生クラスの授業でトランプをつかった神経衰弱を行った。対相手ではなく、ひとりで行い、何回で全てのカードをとることができるかという記録との勝負。1年生から6年生まで全員同じルールでハンデもなし。なににも頼ることなく、頼れるのは自身の記憶だけ。そんなシンプルなゲーム。やはり学年が上の方が、記録は良くなっていく。各曜日の子たちの記録が集まり、最後の曜日の前半のクラスで驚くことが起きた。ぶっちぎりの新記録が出たのだ。しかもその記録を出したのが、2年生。そしてまだ驚くことは続く。その後の後半クラス、先の新記録に続く2番目の記録を1年生が出したのだ。 そのふたりは、記録を出した時、「やったー」と人より先に終わったことを喜ぶわけでもなく、他の人の様子をみるわけでもなかった。そしてふたりともが直後に言った言葉があった。「もう一回やってもいい?」他の子が終わるまでの間、ふたりともひとりで黙々と神経衰弱をやっていた。それも「終わり~」と私が言うまで何度も何度も。教室後にお母さんに話してみると、ふたりとも「よくやってるんです」という言葉が返ってきた。『好きこそものの上手なれ』とはよく言ったものだなぁと感心しながら、思い出す。 私は小さいころ暇さえあれば外遊びという子どもだった。それでも家の中など室内で遊ぶ時間も多かった。雨の日、留守番の時や、夜ごはんの後、なにかの待ち時間、そんな時間に何をしていたかというと、折り紙、あやとり、トランプ、知恵の輪、ジグソーパズル、そんなことばかり。もちろん姉とも遊んでいたけれども、自分ひとりで遊んでいる記憶の方が強い。勝ち負けや、成功失敗がある遊びをひとりでしている

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

キッズクラブ asone(アズワン) 

〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-19-15  TEL:080-3551-8497

Copyright © 2015 by asone. All Right Reserved.