【おたよりコラム】休みの日

June 2, 2017

5月3日(日)

午前中にかみの毛を切られてしまいました。お母さんに「このかみのりょうはだれからうつったの。」といわれてしまいました。

 

5月4日(月)

サッカー市大会でかもめというチームに8対0で勝ちました。

 

5月5日(火)

ピアノに行きました。とてもうまくひけました。

 

 私が5年生のときに書いていた一言日記。5年生のゴールデンウィーク、自分はいろんなところに出かけていたんだろうなぁ、どこに行っていたんだろう。とわくわくしながら見返してみました。でも読んでみて、本当にこれがゴールデンウィーク?いつも通りだなぁ!そう感じてしまった。いつも私が楽しみにしているのは、連休明けの子どもたちが嬉々とした表情で連休の話を聞かせてくれること。けれどもこのときの自分は嬉々として話をしたのだろうか、と、ちょっと残念になるほど。でも、ゴールデンウィークをやだと感じたという思い出はまったくない。きっとお休みが続くというただそれだけで特別だったのではないかなと思う。お休みはサッカーが思いっきりできるということもあったし、家族で遊べる日と思っていたからだと思う。


 5年生のゴールデンウィークはあまり外出という感じではなかったけれども、他の休みにはいろいろなところに連れていっていたような覚えがある。近くの公園が多いけれども、学校の体育館に一緒にいっていたこともある。近くの地区センターの体育館にもよくいった。子ども科学館に、アスレチック。体を動かすことが大好きだった私を満足させることは簡単な事ではなかっただろうと思う。ゴールデンウィークをはじめ、いろいろな時に母や姉の事を思う。今となって感謝することばかり。体を動かすことが好きな母ではあるけれども、母親自身が動くことと、体力のありあまっている私を思いっきり遊ばせることは違ったと思う。いま、子どもたちと一緒にいて思う。子どもたちの体力は底がみえない。そんな私に付き合ってくれていたおかげで、今、運動が好きな私がいるのだと思う。どれだけ感謝してもしきれない。

 

 さて、もう少しで、5月14日。今年は母の日と私の誕生日が同じ日となった。母に感謝する母の日と、私を産んで育ててくれたことを感謝する誕生日。母への感謝する2つの日が重なった。なんだかんだ、お礼を素直に言うことが苦手な私だけれども、ここ数年は毎年、ちょっとした絵を描いて送っている。気恥ずかしいので、言葉ではあまり伝えられていないし、会いに行く事もなかなかない自分だけれども、そのうち、いまやっている北与野の教室でもあるしばふハウスにつれてきてみようと思う。こんなことやっているよ。と。今年中に。

Please reload

特集記事

I'm busy working on my blog posts. Watch this space!

Please reload

最新記事
Please reload

アーカイブ