【おたよりコラム】遊びから身につく自信

 とん、とん、とん、とん、家の前でボールの音が響く。私の家の前はすぐ道路だったけれど、住宅地の一番はじっこで、道路の向かいは土手になっているような場所。車もそう通らない。なので、家の前の道路が一番よく遊ぶ遊び場になっていた。チョークで道路に絵を描いたり、縄跳びや竹馬をしたり、そしてもちろん大好きだったサッカーも、ちょっと体を動かすのはいつもそこだった。なんども家の壁にボールをぶつけて遊んでいた。跳ね返ったボールが道路の反対の土手の茂みに入って苦労することなんてしょっちゅう。表札を的にしていたら、割れてしまったこともあった。たくさんの遊びをした家の前だけれど、きっと一番たくさんしていたのは、サッカーのリフティング。ボールが落ちないように浮いているボールをトントンとリズムよく蹴り続ける技。最初は3回でも続けることが難しい。ひたすら練習。来る日も来る日も練習。何時間も練習。でもこれがおもしろい。できた回数が1回でもふえると「上手くなった」と思え、自信にもなるし、楽しくなる。「あと1回」「もうちょっとで新記録」そう思いながら何度も挑戦する。そして、1回でも多くできた時、10回を超えた時、100回を超えた時、1000回を超えた時、ものすごい達成感を感じることができた。そして、この数を数えながらおこなうリフティング、ボールを落とすことができないので、集中力が試される。一瞬でも気を抜いたらボールは落ちてしまう。10回、20回なら数秒の話だけれど、100回になるとだいたい1分。1000回ともなると、10分間ボールを見て、それに集中し続けることになる。小学生の子どもが、これだけ長い時間、一瞬も気を抜かず集中し続けるということはなかなかできることではない。そう今になって思う。この数を数えながら、同じ動作をひたすら繰り返し数を積み重ねていくという作業は、きっとぐっと集中する力を身につけることになったんだと思う。

 これはリフティングに限ったことではない。縄跳びもそう。キャッチボールでも、けん玉やお手玉でもいい。回数が数えられるものであればどんなことでもおなじだと思う。何回も何回も楽しみながら繰り返し、できたという感覚をたくさんたくさん感じてほしいと思う。この何回かチャレンジしたらできるようになったという感覚は、ものすごく大きな自信につながる。自分はできる。その感覚をたくさんたくさん繰り返すことで、どんな難しいことにもやってみればできる、自分にはできるという自信につながっていく。自信はチャレンジするための一歩を踏み出す力になる。そんな大きな一歩となる自信は、小さなできたの繰り返しこそ、一番の方法だと思う。

 年度が変わるこのタイミング。環境もかわるし、新しい挑戦も多いのではないかなと思う。どんなことにも自信をもって、挑戦してほしい、たくさん失敗をしていい。たくさん失敗しても、あきらめず、挑戦を繰り返してほしい。きっとさらなる大きな自信を手に入れられると思う。そんな前向きな心を大切にしてほしい。

 大人になるとできないことに挑戦してできるようにする、という挑戦をなかなかしなくなってしまう。いつまでも子どもと同じように、できるを増やしていけるように、できないことにどんどん挑戦してできるようになっていく、そんな姿を見せることができればと思う。きっとできる姿よりもたくさんの失敗する姿とそれでもやり続ける姿を見せてしまうことになると思う。ちょっと恥ずかしいけれど、それもまたよしとしようと思う。

三尾 新

特集記事
no-posts-feed.on-the-way
no-posts-feed.stay-tuned
最新記事
アーカイブ
タグから検索
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

キッズクラブ asone(アズワン) 

〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-19-15  TEL:080-3551-8497

Copyright © 2015 by asone. All Right Reserved.