【おたよりコラム】みんなで

あなたは高校の先生です。ある日、授業の一環として稲刈りの体験作業があり、田植えの体験授業のために生徒を連れて出かけました。稲刈りの体験作業の後、農家のおばあさんがクラスの生徒全員におにぎりを握ってくれました。しかし、多くの生徒は他人の握ったおにぎりは食べられないと、たくさんのおにぎりを残してしまいました。さて、あなたは、おにぎりを食べられない生徒に対しどのように指導しますか。またあなたはこの事実をおばあさんにどのように話しますか。  これは2019年2月にある大学入試の2次試験でだされた小論文のテーマなのですが、ちょっと問題を置き換えて考えてみて欲しいのです。もしお子さんと農業体験にいっておにぎりが振る舞われたらどうしますか?子どもたちにはどう伝えますか?「ひとつの正しい答え」というものはないと思います。場合によっては、他人からもらったものは食べてはいけません。そういう伝え方をすることもあるでしょう。人がさわったものには抵抗がある。そう感じる方もいるかもしれません。実際にこのテーマが出題された背景には、他人の握ったおにぎりは食べられないという子が半数以上いるという結果のアンケートが元になっているのです。ベネッセが小学生の子どもを持つ保護者を対象にした「お子さまは、どのおにぎりなら食べられますか?」というアンケート。結果は、お母さんが握ったものであれば8割以上が食べられるが、友人・知人が握ったものだと半分を切ってしまうとのものだった。親が握ったおにぎりを食べられない子が5人に1人もいるということにも驚きでしたが、半分以上の子が友だちが作ったおにぎりを食べられないということには

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

キッズクラブ asone(アズワン) 

〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-19-15  TEL:080-3551-8497

Copyright © 2015 by asone. All Right Reserved.