【おたよりコラム】出会いが今につながる

しばふハウスに待望のピアノがきた。しばふハウスを作ってから2年半、あったらいいな、とずっと思ってきたものだった。次の4月から土曜の午前にリトミックがはじまる。その先生が置いておくから楽しんでといってくれたのだ。もう誰よりも楽しんでいるのは私自身。朝から弾いていたり、気づいたら夜も遅くまで弾いていたり、とにかく時間を忘れてしまうぐらい楽しんでいる。そして子どもたちがピアノに触れているのをみると楽しさが増える。「その曲やったなぁ」「あぁ、自分もこのころ姉と連弾していたなぁ」などと思うことも多く、弾いてみたいという気持ちがさらに大きくなる。そして実家から中学生のころに弾いていた楽譜のスクラップブックを送ってもらった。弾くことが楽しかったときの楽譜。その楽譜をみていたのは、かれこれ17、18年前。でも耳が曲を覚えている。そして手も曲を覚えている。でも残念なことに、指が動かない。悔しくて弾く。そうすると少しずつ少しずつ動いてくる。動かない指、全然うまく弾けないのに、ピアノが楽しい。  ピアノを楽しんでいる私だけれど、小学生の私はピアノが大のつくほど嫌いだった。練習を強いられること、譜面通りに弾かなければならないこと、そしてきっちりやりきる姉と比べられることが本当に嫌だった。大嫌いのイメージが強い小学生のころだったけれど、私のピアノの原点は「楽しい!」と思えるものだった。ピアノに関わったのは姉が小学1年生ではじめたピアノのレッスンについていったこと。そして、ピアノの下で眠ったり、ピアノを触ったり、ペダルを踏んだり、やりたいように遊ばせてもらっていた。私にとってピアノは遊ぶものだった。で

最新記事
アーカイブ
ソーシャルメディア
  • Facebook Basic Square
  • Twitter Basic Square
  • Google+ Basic Square

キッズクラブ asone(アズワン) 

〒338-0004 埼玉県さいたま市中央区本町西4-19-15  TEL:080-3551-8497

Copyright © 2015 by asone. All Right Reserved.